結婚式に贈られると嬉しい贈り物を紹介します

お世話になった友人知人に贈るべきもの

プレゼントを添える

結婚式に参加できない人は電報で新郎新婦をお祝いすることが一般的です。現在はメッセージだけではなくプレゼントを添えることもできます。特にプリザーブドフラワーが人気を呼んでいます。

両親に贈る

結婚式は新郎新婦のお祝いだけではなく、両親に日頃からの感謝を伝える瞬間でもあります。プレゼントを渡すときは感謝の言葉を添えることで、両親もその気持ちが直接伝わるはずです。

満足いく写真

結婚式場では前撮りをすることができますが、洋装の他にも和装で撮影をすることが可能です。現在は日本人らしさを表現することができる和装が多くの人から人気を呼んでいます。

おすすめ

お花が人気

結婚式で人気の祝電はどのようなものでしょうか

結婚式に届く電報は嬉しいものです。中でもおしゃれで記念に残るような電報を頂くのは格別のことです。現在はいろいろな種類の電報が出ており、プリザーブドフラワーをあしらった電報も人気があります。 プリザーブドフラワーは、生のお花を特殊な溶液で処理し、加工したお花でありながら生花のフレッシュな風合いを長く楽しめるお花です。また、プリザーブドフラワーは枯れずに長く楽しめることから、結婚式なのお祝いの席での縁起物として重宝されています。おしゃれなアレンジのプリザーブドフラワーは、電報としての役割だけでなく、その後記念として飾ることもできます。こういったことからプリザーブドフラワーが添えられた祝電はとても人気が出てきています。

プリザーブドフラワーの電報を送る際の注意点

プリザーブドフラワーの電報を送る際に気をつけないといけないのが、選んだお花が新郎新婦の好みにあったものかどうか、という点です。いくら美しいお花でも好みのものでなければ、見向きもされずに放置されてしまう可能性が高いです。新郎新婦の好みを調査してそれにあったものを送るようにしましょう。また、花言葉が悪いものであることもありますので、送る前に花言葉の確認しておくと安心です。なお、赤のカーネーションは「悲恋」、あじさいは「浮気」が花言葉ですので、避けたほうが無難です。 プリザーブドフラワーはお世話も必要がなく、美しさを長く楽しめます。ちょっとした注意で素晴らしいギフトになりますので、結婚式の祝電としてよく送られています、